2011年06月16日

野良アプリで光iフレームを活用?する

USB経由でのアプリインストールが可能になったので、いろんなソフトを光iフレームにインストールして、動作を試してみました。

Androidのバージョンが古いためにインストールできないもの、インストールはできたけど正常に動かないものもありますが、まあ6割か7割は動くような感触です。


最初、アンインストールの仕方が分からなくて困惑しました。
インストールのときは

adb install file_name

ですが、アンインストールのときは

adb uninstall package_name

なのですね。


パッケージ名はファイルの中に含まれるAndroidManifest.xmlに記載されているそうです。

アプリのファイル(apkファイル)は単なるzipアーカイブなので(このへんはJavaの流儀ですね)、unzipして読み出せないこともなさそうですが、Android SDKのコマンドを使うほうが簡単です。

aapt l -a file.apk |grep name=

これでパッケージ名を抽出できます。
こんな感じですね。

bash-3.2$ aapt l -a YouTube_signed.apk |grep name=
Package Group 0 id=127 packageCount=1 name=com.google.android.youtube
Package 0 id=127 name=com.google.android.youtube typeCount=11
bash-3.2$

"com.google.android.youtube" がパッケージ名です。
アンインストールは

adb uninstall com.google.android.youtube

という具合。


NTTの光回線に加入していれば、こんな苦労は不要なのでしょうが、私の環境では他に手段が無いので仕方ないですね。

実際にインストールしてみて、良さそうだと思ったものを挙げてみます。
動作したバージョンが分かるようにファイル名も書いておきます。


●やっぱりこれがないと…
K-9 Mail(K-9_Mail_3.801.apk) 電子メールクライアント
Dolphin Browser HD(Dolphin_Browser_HD_5.0.1.apk) Webブラウザ

●ネットのご利益を感じるには、これ
Google Maps(Google_Maps_4.7.0.apk) 地図ソフト
Tuboroidon(Tuboroidon_0.1.2.apk) 2ちゃんねるリーダー
TuneIn Player(tunein.player-1.apk) ネットラジオ
Twidroyd(Twidroyd.apk) ツイッター

●ユーティリティなど
Advanced Task Killer(Advanced_Task_Killer_1.9.6B76.apk) アプリを終了させるのに便利
ASTRO File Manager(ASTRO_File_Manager_2.5.2.apk) ファイル管理、いわゆるビジュアルシェル
Adobe Reader(Adobe_Reader_9.0.2.apk) 純正PDFリーダー


メールは、タッチパネルで入力する気にはなれませんが、読むだけなら十分使い物になります。
メール中のリンクをクリックするとブラウザに飛べますし、この連携のスピード「だけ」はiPhone/iPadより快適な気がします。

Google Mapsは、iPadほどではないものの、思ったより使い物になりそうでした。

また、Adobe Readerも日本語も表示できるし、そこそこ使えます。
電子ブックの代わりに、できなくはないかもしれないと思わないでもないですね(歯切れが悪い)。
ただ、Reader単体では使えないので、ASTRO File ManagerからSDカードのファイルを選んで、Adobe Readerを起動するようにします。

RAMが256MBしかないので、不要なアプリはこまめに終了させたほうが良さそうです。
Advanced Task Killerは通知領域に常駐してくれるので便利です。
posted by boochow at 21:57| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事