2012年08月26日

Raspbianの起動と日本語化

以下は2012年8月16日版のRaspbian-wheezyでの話です。

Raspbianを書き込んだSDカードをセットして電源を入れると、Linuxが起動します。
最初に起動したときは、環境設定が自動で立ち上がります。
ちなみに純正のLinux入りSDカードでは、環境設定は起動されませんでした。

この環境設定のコマンド名は、
sudo raspi-config
で、後からでも何回でも起動することができます。
raspi-config.jpg


初回にやっておいた方がいいのは、以下の設定です。

・expand_rootfs (SDカードの未使用領域をLinux用に割り当てる)
・configure_keyboard (初期状態は英語105キー)
・change_timezone (ASIAのTokyoで)

設定後、再起動をかけると、先ほどのexpand_rootfsが動きます。
expand_rootfsは、Windowsで言うところの「パーティションの切り直し」ですので、それなりに時間がかかります。

他に、なるべくならやっておいたほうがいいのは以下ですね。

・change_pass (パスワード変更、初期状態はraspberry)
・ssh (sshサーバを利用可能に)

あと、逆に以下は最初は設定しないほうがいいです。

・change_locale

日本語に設定すると、メッセージやマニュアル等が全て日本語になりますが、初期状態では漢字フォントがインストールされていないため、表示できないからです。
nofont.jpg


日本語化の手順の解説は下記で解説されています。
内容自体は、上記のロケールの設定と、日本語フォントのインストールするだけです。

Raspberry Pi日本語化 | DesignSpark

完了すると、こんな感じで日本語が表示できるようになります。
jpfont.jpg

Raspberry Pi本体で日本語のWebページが見られるようになると、何かと便利なので、上記の日本語化は是非やっておいたほうがいいですね。

posted by boochow at 12:58| Comment(0) | Raspberry Pi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事