ESP32用のブレークアウトボード「E32-BreadPlus」

esp32bb1.jpg

先日ESP32-DevKitCを購入しましたが、実はその前にESP32モジュール単体も購入していました。

モジュールのほうはパーツケースの肥やし(泣)かなあと思っていたのですが、たまたまスイッチサイエンスさんでT字型のブレークアウトボードを見つけました。

ESP-WROOM-32 ブレッドボード開発基板 「E32-BreadPlus」(基板のみ) – スイッチサイエンス

ESP8266やRaspberry Piも同様なT字型の変換基板を見かけます。ブレッドボード上を広く使えるのがメリットです。
で、このボードですが、開発元のIndoor Corgi Elec.さんのページを訪問したところ、ブログで紹介するなら無料でボードをいただけるキャンペーンを開催中ということでしたので、ありがたく1枚送っていただきました。

ボードの表面です。

esp32bb2.jpg

ボードの裏面です。
GNDや3.3Vのパターンは太くなっています。

esp32bb3.jpg

モジュールはこんな感じでカプトンテープで固定してからハンダ付けしました。

esp32bb4.jpg

あとは抵抗2本、タクタイルスイッチ2個、コンデンサ1個とピンヘッダをつけて完成です。

とりあえず組み立ててみましたが、電源やUSBシリアルも必要ですので、火入れ・動作確認はまた別途やることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA