2017年04月28日

HDMI接続ができる3.5インチ液晶ユニット

Amazonを見ていたら、「HDMI入力付き」のRaspberry Pi用のLCDユニットを見つけ、値段も2980円と安かったので、ためしに買ってみました。
解像度は480×320というよくあるものですが、HDMI入力は1920×1080を受け付けます。
給電はMicro USB端子になります。

ためしにRaspberry Pi Zero Wにつないでみた様子です。
解像度は1920×1080なのですが、ちゃんと全体が映っています。
アスペクト比が合っていないので、縦長ではありますが・・・。

osoyoo_00.jpg


もちろん、実際の解像度は低いです。字は読めないですが、解像度よりも大きさが問題な気もします。


osoyo_002.jpg


裏面です。Realtek RTD2660Hが搭載されています。
検索してみると、HDMIディスプレイのドライバとしてメジャーなチップのようです。


osoyoo_01.jpg


他のRaspberry Pi用LCDユニットと違い、特別なドライバが要らないのはメリットだと思います。
HDMI端子はディスプレイの上側になりますので、Raspberry Pi以外のものと接続するときはちょっと使いにくいかもしれませんが、面白い製品です。
posted by boochow at 00:44| Comment(0) | Raspberry Pi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事