2017年07月02日

Roland αJuno-2について

ajuno2.jpg


最近、1985年頃に発売されたローランドのシンセサイザー「αJuno-2」を入手して遊んでいます。
もちろん中古ですが、この機種はアナログのポリフォニックシンセサイザーとしては安く流通しており、1万円ほどで入手できました。

古いシンセサイザーは、メーカーが作成した整備用マニュアルを始め、いろいろな情報がネット上に出回っていますので、故障さえしていなければお買い得とも言えます。
αJuno-2については、以下のサイトに膨大な情報がまとまっています。
(MKS-50はαJunoの音源モジュール版です。)

ROLAND MKS-50 SYNTH INFO

このサイトに「Alpha Juno-2 Service Notes (v.86-1)」という資料が掲載されていますが、これが整備用マニュアルです。
ありがたいことに英語、日本語の両方で記載されています。

これから時々、このマニュアルを読んでわかったことなどをメモ的に書いていきたいと思います。

posted by boochow at 13:24| Comment(0) | Synthesizer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事