2018年01月04日

ベアメタルRaspberry Pi版MicroPythonにREPLを追加してみました

rpi-mp-repl.png

先日書いた、ベアメタルRaspberry Piで動作するMicroPythonですが、このままだと対話的に使用することができないので、REPLを使えるように改造してみました。
改造にあたっては、以前紹介したunicorn用MicroPythonを参考にしました。
コードは以下で公開しています。

boochow/micropython-raspberrypi

ちょっと試してみたい方向けにバイナリを以下に置いておきます。
Raspberry Pi ZeroとZero Wで動作を確認しています。CPUが異なるのでPi2やPi3では動作しないと思います。

firmware.img

あとconfig.txtに以下のように書いて
kernel=firmware.img
上記のfirmware.imgと、bootcode.binとstart.elfと一緒にmicroSDカードのルートフォルダに入れれば動作します。
bootcode.binとstart.elfはこちらからダウンロードできます。

画面表示もUSB入力もサポートしていませんので、PCとUARTで接続する(GPIO 8番ピンと10番ピンを、それぞれUSB-UARTアダプタのRXとTXに、GPIO 6番ピンをGNDに接続する)必要があります。
電源ONから2〜3秒程度で立ち上がるはずです。

まだモジュールも追加していませんし、算術演算も整数だけという状態なので、REPLを動かす以外ほとんど何もできません。
あとは暇をみつけて機能追加していこうかと思います。
ラベル:MicroPython
posted by boochow at 19:02| Comment(0) | Raspberry Pi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事