2018年04月28日

koshian3.0をとりあえず買っておいた

koshian3.jpg

品切れのままになっていたkoshian2.0に代わって、koshian3.0が登場しました。
スイッチサイエンスさんから販売されています。
気付いたらまた品切れになっていた、ということにならないように、とりあえず1個買ってみました。

Koshian3.0 - スイッチサイエンス

価格は以前のまま、スペック的にはDACが搭載されました、ということで一見大きな違いは無さそうなのですが、実はチップベンダが代わっています。

以前のkoshianはBroadcomのチップ(後にCypressに事業譲渡)が使われていたのですが、koshian3.0はSilicon Labsのチップに変わっています。
BGM11S12F256というチップですが、Cortex-M4 @ 38.4MHz、256KB Flash、32KB RAMというスペックです。

BGM11S Bluetooth モジュールSiP SiP|Silicon Labs

以前のkoshian2.0はBCM20737S(CYW20737S)というチップで、Cortex-M3 @ 24MHz、320KB Flash、60KB RAMというスペックでしたから、RAMは減りましたがCPUはパワーアップしています。

ESP8266に比べると半分くらいのスペックですが、小さくて電池駆動も可能なので、konashi環境としてではなく、ベアメタル開発用としても、もっと注目されてもよいモジュールだと思います。
ちなみにmicro:bitに使われているnRF51822はCortex-M0 @ 16MHz、256kB Fash、16kB RAMというスペックです。

私も、以前はkoshianのファームウェアのままで使用しましたが、時間ができたらベアメタルで開発してみたいと思いました。
ラベル:Bluetooth
posted by boochow at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事