光iフレームを普通のAndroidタブレットに

これまでiPod TouchやiPadしか使っていなかったので、Androidの端末は勝手が違うこともいろいろあります。

「ウイジェット」と「ホームアプリ」もそういうものの一つです。

光iフレームのスライドショーの画面に、時計やカレンダーのウイジェットを表示させて、ウイジェットは、まあ何となく雰囲気は分かりました。

ちなみにカレンダーはこちらを使わせて頂きました。

side2.jp » Calendar Widget

ホームアプリは、感じとしてはビジュアルシェルということなのでしょうかね。

ネットをさまよっていたら、このページを見つけて、真似させていただきました。

家モバイラーの戯言 : 光iフレームに野良アプリをインストール その2

ここに書かれているLauncherProを普通にadbでインストールしたら、いつもと違ってアプリ一覧に出てきません。

再起動したら、ホームアプリを選択する画面が出てきました。

そこでLauncherProを選択。

なんと、光iフレームが普通のAndroidタブレットになりました…。

まあ最初からそういう使い方をしたいと思っていたので、願ったりかなったりですが。

動きも、標準のスライドショーアプリよりも軽快です。

あと、上記のページにはSimejiの設定方法も書かれていたので、これも実行しました。

実は前回Simejiをインストールしたものの、どうやれば入力がSimejiに切り替わるのか分からず、アンインストールしてしまっていました。

テキスト入力フィールドで長押しすれば選択ダイアログが出てくるのですね…。

何日か経って、慣れてきたせいか、この光iフレームもそこそこ使い物になる気がしてきました。

K-9 Mailでメールマガジンを見て、リンクされているページはDolphin Browserで閲覧。

一休みするときにTwidroydでツイッターを眺めたり、Tuboroidonで2ちゃんねるを眺めたり。

ビューワー中心の使い方なら、iPadには劣るけどiPod Touchより画面が大きいだけ有利かなと思わないでもありません。

これでもう少しバッテリーがましだったら、コミックビューワで電子書籍端末代わりにもなりそうだったのですが…。

ちなみにコミックビューワはACV(Droid Comic Viewer)が割といい感じでした。

野良アプリで光iフレームを活用?する

USB経由でのアプリインストールが可能になったので、いろんなソフトを光iフレームにインストールして、動作を試してみました。

Androidのバージョンが古いためにインストールできないもの、インストールはできたけど正常に動かないものもありますが、まあ6割か7割は動くような感触です。

最初、アンインストールの仕方が分からなくて困惑しました。
インストールのときは

adb install file_name

ですが、アンインストールのときは

adb uninstall package_name

なのですね。

パッケージ名はファイルの中に含まれるAndroidManifest.xmlに記載されているそうです。

アプリのファイル(apkファイル)は単なるzipアーカイブなので(このへんはJavaの流儀ですね)、unzipして読み出せないこともなさそうですが、Android SDKのコマンドを使うほうが簡単です。

aapt l -a file.apk |grep name=

これでパッケージ名を抽出できます。
こんな感じですね。

bash-3.2$ aapt l -a YouTube_signed.apk |grep name=
Package Group 0 id=127 packageCount=1 name=com.google.android.youtube
Package 0 id=127 name=com.google.android.youtube typeCount=11
bash-3.2$

“com.google.android.youtube” がパッケージ名です。
アンインストールは

adb uninstall com.google.android.youtube

という具合。

NTTの光回線に加入していれば、こんな苦労は不要なのでしょうが、私の環境では他に手段が無いので仕方ないですね。

実際にインストールしてみて、良さそうだと思ったものを挙げてみます。
動作したバージョンが分かるようにファイル名も書いておきます。

●やっぱりこれがないと…
K-9 Mail(K-9_Mail_3.801.apk) 電子メールクライアント
Dolphin Browser HD(Dolphin_Browser_HD_5.0.1.apk) Webブラウザ

●ネットのご利益を感じるには、これ
Google Maps(Google_Maps_4.7.0.apk) 地図ソフト
Tuboroidon(Tuboroidon_0.1.2.apk) 2ちゃんねるリーダー
TuneIn Player(tunein.player-1.apk) ネットラジオ
Twidroyd(Twidroyd.apk) ツイッター

●ユーティリティなど
Advanced Task Killer(Advanced_Task_Killer_1.9.6B76.apk) アプリを終了させるのに便利
ASTRO File Manager(ASTRO_File_Manager_2.5.2.apk) ファイル管理、いわゆるビジュアルシェル
Adobe Reader(Adobe_Reader_9.0.2.apk) 純正PDFリーダー

メールは、タッチパネルで入力する気にはなれませんが、読むだけなら十分使い物になります。
メール中のリンクをクリックするとブラウザに飛べますし、この連携のスピード「だけ」はiPhone/iPadより快適な気がします。

Google Mapsは、iPadほどではないものの、思ったより使い物になりそうでした。

また、Adobe Readerも日本語も表示できるし、そこそこ使えます。
電子ブックの代わりに、できなくはないかもしれないと思わないでもないですね(歯切れが悪い)。
ただ、Reader単体では使えないので、ASTRO File ManagerからSDカードのファイルを選んで、Adobe Readerを起動するようにします。

RAMが256MBしかないので、不要なアプリはこまめに終了させたほうが良さそうです。
Advanced Task Killerは通知領域に常駐してくれるので便利です。

光iフレームのルーツ探訪

光iフレームのCPU周りはどんなスペックなのだろう、と素朴な疑問が浮かび、調べてみました。

2ちゃんねる情報によると、光iフレーム(WDPF-701ME)は、韓国のMOIMSTONE社製だそうです。
ゼロから開発したわけではないでしょうから、姉妹機みたいなものがあるのではないかと思われます。

MOIMSTONE社のホームページに行ってみると、NTTのニュースリリースの紹介がありました。

NTT East To Provide Local Content To iFrame Tablet

MOIMSTONE社自身もAT730というAndroidタブレットを出していますが、Android2.2ベースなので光iフレームよりも1世代新しい感じです。

さらに調べていくと、その一つ前のモデル、AT725の資料がありました。

AT725

このAT725のスペックはAndroid 2.1ベースで、7インチLCD、2GB Flash、と光iフレームによく似ています。

また、この資料では、CPUについて

Processor : BCM11211+BCM11181

と記載されていました。
BCM11211はBroadcom社のCPU、BCM11181はCPUと組で使うメディアプロセッサのようです。

そこで、次はBCM11211について検索してみます。
すると、こんな記事が見つかりました。

[CES2011]「独自に拡張したAndroidで顧客製品を差異化する」,Broadcomがタブレット端末向けの新型アプリケーション・プロセサをデモ:ITpro

この記事で、

第1世代のアプリケーション・プロセサである「Persona」ファミリの「BCM11211」は,NTT東日本のAndroid搭載タブレット端末「光iフレーム」などが採用している。BCM11211は667MHz動作のCPUと300MHz動作のコプロセサからなるのに対し,BCM11311はそれぞれのコアが1GHzで動作するデュアル・コアを内蔵しているという。

と書かれています。

というわけで、光iフレームのCPUはBCM11211で確定ですね。
さらに調べていると、海外でこんな記事もありました。

Broadcom’s Persona Tablet becomes a product, in Japan | Ubergizmo

このリンク先の写真を見ると、もう光iフレームそっくりです。ビンゴ!という感じですね。

BCM11211の資料はあまり詳しいものが見つかりませんでしたが、Broadcom社自身のページはこちらです。

Broadcom.com – タブレット アプリケーション プロセッサ

CPUコアはデュアルコアのCortex A9ということです。クロックは、光iフレームでは667MHzのようです。

と、ここまで調べて、昨日、

adb bugreport

で取得したログがあったことを思い出して、中を見てみました。

これはバグを調べるためのかなり長いログファイルなのですが、

RAM: 24792 KB
CPU: bcm11xx
Linux Kenel: 2.6.29 (tomcat6@moimstone-server) (gcc version 4.3.2 (Wind River Linux Sourcery G++ 4.3-85) )

といった情報が見つかりました。

あと、このログを見てちょっと気になったのは、Linuxを起動している途中で

bcm11xx_wait_sesdone: no ack

というメッセージが20回あまり続いていたことですね。

どうも起動が遅いと思っていたのですが、もしかしてハードウェア故障?
あるいは、カーネルのコンフィグが間違っている?