Seesaaブログの独自ドメイン運用

このブログは、Seesaaブログを使わせていただいて、独自ドメインで運用しています。

独自ドメインの設定を、備忘録として書いておきます。

要件は以下の通りです。

(1)ブログは、http://blog.boochow.com/ でアクセスする。
(2)http://boochow.com/ は、ブログへ転送する。
(3)存在しないサブドメイン(http://*.boochow.com/)は、http://blog.boochow.com/ へ転送する。

まず、ブログは今後もずっと(1)のドメインで運用したいと思っています。
しかし、boochow.comのドメインの下には、blog以外のサブドメインも、後から付けるかもしれません。
たとえばwww.boochow.comとか。

で、(2)のように、http://boochow.com/にアクセスされた場合は、サブドメインの中で最も代表的なものへ転送する、ないしはその別名とすることになると思います。
たとえば、www.boochow.comが表玄関なら、そこへ転送するか、あるいはhttp://boochow.com/はhttp://www.boochow.com/ の別名扱いにする、という感じですね。

最後の(3)については特に説明の必要は無いでしょう。

上記を実現するための設定ですが、DNSの設定とblogサービスの設定の両方が必要です。

ドメインは、Value-Domainで取得しました。
以前から使っているサービスですので、他のドメイン取得サービスと比較はしていませんが、特に不便なところもありませんでした。
今回の目的に必要充分な機能が提供されています。

Value-Domain側で行った設定は、以下の通りです。

(1)メニュー→「ネームサーバの変更」で、「当サービス標準のネームサーバー(ENOM)」を選択する。
(2)メニュー→「DNSレコード/URL転送の変更」で、以下のように設定する。
dns2.jpg

これは1行目が要件(1)、2行目が要件(2)、3行目が要件(3)に対応しています。

次に、Seesaaブログ側での設定です。
こちらは、自分のSeesaaブログのFQDNと、対応させたい独自ドメインのFQDNを投入して保存させるだけです。

dns1.jpg

結果が反映されて独自ドメインで運用できるようになるまで、数時間程度かかりました。

以下、もう少し細かい解説です。

まず、ネームサーバの変更でENOMを選択すると、eNom社のドメイン管理サービスを使うことになります。
eNom社のサービスでは、URL転送のメニューがあります。
Value-DomainのDNSサーバはこのサービスを提供していませんので、今回の設定のためにはeNom社のサービスを利用する必要があります。

DNSの設定を行うと、eNom社のDNSサーバにblog.boochow.comはc.seesaa.netの別名であることが登録されます。
eNomのDNSサーバはdns1.name-services.com(数字は1〜5)になっていますので、この設定を行った後でnslookupなどでserverを上記に指定して、blog.boochow.comの名前解決をしてみれば、設定の確認ができます。

% nslookup
> server dns1.name-services.com
Default server: dns1.name-services.com
Address: 98.124.192.1#53
> blog.boochow.com
Server: dns1.name-services.com
Address: 98.124.192.1#53

blog.boochow.com canonical name = c.seesaa.net.
> exit

こんな感じですね。

で、blog.boochow.comはc.seesaa.netの別名(Canonical Name)となりますので、DNSクエリの結果はc.seesaa.netのアドレスが返ってきます。
(cって、たぶんcnameのcなんでしょうね。)

ブラウザはc.seesaa.netがblog.boochow.comだと思って、サーバへアクセスします。
HTTPには、ブラウザがアクセスしたいURLをサーバへ通知するヘッダがありますので、サーバ c.seesaa.netはそのヘッダを見て、blog.boochow.comに対応するコンテンツを返します。

もちろん、対応するコンテンツが何なのか、あらかじめ設定が必要ですので、Seesaaブログ側に「どんなFQDNで呼び出されるのか」を設定したわけですね。

ちなみにURL転送を指定したドメインについては、eNom社のサーバのアドレスが戻ってくるようです。
いったんeNom社のWebサーバへアクセスさせ、そこから転送先のURLへリダイレクトしているのでしょう。

「Cocoa Fundamentals Guide」を読む

Xcodeの雰囲気は、昨日のチュートリアルで何となくわかりました。
チュートリアルの次は、いよいよ入門編を読まねばなりません。

入門編としてXcodeに付属していたのは、「Cocoa Fundamentals Guide」という文書です。
探してみたら、これはネット上に日本語訳がありました。

Cocoa Fundamentals Guide

英語版も、平易な技術英語ですが、スピード重視ならやはり日本語。
ということで、まずはざっと目を通してみることにしました。

ざっと、といっても200ページ以上もあります。
pdfファイルをダウンロードして、iPadに入れました。
とりあえず、今30ページほど読んだところです。
今週、暇をみつけて、少しずつ読んでいこうと思います。

XcodeでとりあえずHello World

Xcodeが無事インストールされたので、まずはチュートリアルをやってみることにしました。

チュートリアルの一番最初は「Xcode Features Overview」。
これはXcode自体のユーザインタフェースを学ぶものでした。

Appleのサンプルライブラリから「CFLocalServer」をダウンロードしろと書かれています。

とりあえずダウンロードしてきて、「CFLocalServer.xcodeproj」をダブルクリック。
あとはチュートリアルに従ってウインドウの役割など、ごく基本的なところを押さえます。

アプリケーション作成という意味での、本来のチュートリアルは、その次の「Xcode Workflow Tutorial」。

内容は、

新規のプロジェクトを作り、
自分のアプリケーション用のソースファイルを追加し、
インタフェースビルダーで必要なオブジェクトを追加し、
描画のコードも追加して、
コンパイルして実行させ、
ブレークポイントを設定してデバッガを動かしてみる

というものです。

ウインドウを1つ開いて、そこにHello World!と表示させるアプリケーションを実際に作成します。

書かれている手順通りに進めて、どうやら成功しました。

helloworld.jpg

Xcodeのユーザインタフェースは、なかなかこなれていて使いやすそうです。
Interface Builderが完全に別アプリとなっているところが、DelphiなどのRADツールとはちょっと違いますね。
コンパイル&デバッグ用のビジュアルシェルという感じでしょうか。

まだObjective-Cの文法もよくわからないので、地道にいろいろ勉強していこうと思います。