SDカードにOSを書き込んでRaspberry Piを起動する

SDカードに新規にRaspberry Pi用Linuxを書き込んでみました。

Raspberry Piで動作するLinuxは、現時点ではDebian LinuxをベースとしたRaspbianが主流のようです。
私も昔Linuxを使っていた頃は、Debianを主に選択していましたので、今回もRaspbianを使うことにします。

Raspbianの現在のベースはDebian wheezyです。

「wheezy」はDebianの最新版のコードネームです。
コードネームというのは、メジャーバージョンと言えばいいのでしょうか。
MacならLionとかLeopardとかに相当します。
Debianのコードネームは、映画「トイ・ストーリー」の登場人物から採ることになっているそうです。
(ちなみに、昔私がバリバリ使っていた頃は、コードネームはpotatoやwoodyでした。もう10年前の話です。)

閑話休題。

SDカードにRaspbianを書き込む手順は、下記に解説されています。

RPi Easy SD Card Setup – eLinux.org

それほど難しくはなく、ディスクイメージをダウンロードしてきて、それを専用のツールでSDカードに書き込むだけです。

ファイルとしてコピーするのではありません。
感じとしては、CD-ROMの「ISOイメージ」をCD-Rに書き込むようなものです。

以下はWindowsを使用する場合です。

ディスクイメージは下記からダウンロードします。
複数のイメージが紹介されていますが、最初は「Raspbian “wheezy”」で良いでしょう。

Downloads | Raspberry Pi

書き込みツールは「Win32DiskImager」を下記のページ、右の方からWindows版binaryをダウンロードします。

Image Writer in Launchpad

イメージ、書き込みツールともに解凍します。

あとは、Win32DiskImager.exeを起動し、書き込むイメージファイルを選択し、書き込み先のドライブを指定して書き込むだけです。
現時点、イメージファイルのファイル名は「2012-08-16-wheezy-raspbian.img」です。

書き込み先ドライブを間違えると、そのドライブのデータを破壊してしまいますので、よく確認してください。

win32diskimager.jpg

書き込み後のSDカードは、Windowsで見ると、ディスク容量が異常に小さくなっているように見えますが、これはLinuxがWindowsからは見えない別パーティションに書き込まれているためで、異常ではありません。

Raspberry Piでの利用に向いた電源とSDカード

金曜日に、Raspberry Pi用にACアダプタとSDカードを調達してきました。

ACアダプタは、これまでスマホの充電器を流用してきましたが、少し容量不足のようです。
今使っているのはソニエリのEP800というもので、公称850mA出力です。

RPiの消費電力は700mAですので、ギリギリ足りるかと思ったのですが、キーボードとマウスをつなぐと、キーボード入力が勝手にリピートしたりして、不安定になることがあります。

下記のリンクを見ると、これは典型的な電源容量不足の症状のようです。

R-Pi Troubleshooting – eLinux.org

R-Pi does not respond to key presses / Keyboard randomly repeats key presses
This is caused by inadequate power. Use a good power supply and a good power cable. Some cheap cables that work with a cell phone, cannot fully power the R-Pi.

もう少し容量の大きいUSB電源が必要ということで、秋葉原の千石電商で、店先の青いボックスに無造作に詰め込まれて700円で売られていた、あまり聞いたことの無いメーカーの2AタイプのACアダプタを購入してみました。
また、念のためケーブル(microB – USB A)も購入してきました。

試してみたところ、問題はきれいに解消しました。やはり電源の問題だったようです。

SDカードは、OSインストール済みのものをRaspberry Piと一緒に購入しましたが、これはレファレンス用に保存しておくことにして、自分であれこれ変更を加えるためには、新たにSDカードを用意することにしました。

SDカードは、相性問題が出ることもあるようです。
調査結果がこちらにまとまっています。

RPi VerifiedPeripherals – eLinux.org

神経質になるほどのことは無さそうですが、できれば上記のリストを購入前にチェックした方がいいかもしれません。
ちなみに、Raspberry Pi本体と一緒に買った純正のカードは、TranscendのClass 6の4GBを使用していました。

今回、私が購入したのはTranscendのClass 10 SDHCカードの8GB品で、秋葉原の東映無線で530円でした。

昔だったらHDDを何台も用意するのは資金的にも痛かったのですが、SDカードなら何枚でも買えますね。

Raspberry Piの専用ケース

DSC_5416.jpg

昨日、専用ケースのことを書き漏らしましたが、ボードにぴったり合わせた良いケースではあるものの、材質がスチロールか何かで、割れやすそうな感じです。

ボードをはめたり外したりを繰り返すと、壊れるかも…と思ってしまいます。
もっとも、ボードを裸のまま使っていて、ショートさせたりして壊してしまう可能性もあるので、どうせ壊れるならケースが壊れたほうが良さそうですが。

もっぱらソフトウェアだけで遊ぶ、という場合には、この専用ケースを購入されてもよいと思います。
GPIOを使う場合のことは全く考慮されていませんので、ハードを拡張して使う用途の場合はお勧めしません。

DSC_5415.jpg

昨夜は起動しただけで終わってしまいましたので、今日はX Window上でアプリケーションを少し使ってみました。
midoriというウェブブラウザが入っていましたが、残念ながら日本語は表示できないようです。
X Serverのチューニングは行われているか不明ですが、描画速度などは意外と実用的に感じました。
もちろん、PCやスマホと較べてはいけませんが、初代 光iフレームとの比較なら、意外ともしかすると…(自粛)。