プチコン3号を買ってみた

petitcom.jpg

このブログを1年あまりも放置してしまいました。
enchantMOONを買ってはみたものの、いまひとつ楽しめず、この1年はもっぱら音楽(DTM)にはまっていました。
あと、いまさらながらArduinoを買ってみて一通り動かしてみたりもしていたのですが、昔PICやAVRで電子工作をしていたので、それほどの新味は感じず、これまたお蔵入りになっています。
もっとも、Arduinoの開発環境はよく出来ているのは確かだし、Processingとの連携も面白いので、作りたいものとマッチすれば非常に便利そうです。

で、今度はニンテンドー3DS用のソフト「プチコン3号」が面白そうなので買ってみました。
そもそも3DSも持っていませんでしたので、3DSも買いました。
といっても3DS(旧型)は9,800円で買えましたし、プチコン3号がダウンロード販売で1,000円ですので、enchantMOONよりもだいぶ小さい出費です。

そんなわけで、これを機会にこのブログを再開しようと思います。

さてプチコン3号ですが、これは何かというと3DS上で動くプログラミング環境です。
言語は「BASIC」ですが、命令は3DSの機能を活かせるようにいろいろ拡張されているようです。
そして、現代風に一応エディタなどと統合したいわゆる統合開発環境(IDE)になっています。
キーボードが外付けできるともっと良かったんですが、まあハードの制約上仕方がないですね。

このプチコンシリーズ、ニンテンドーDS時代から続くシリーズで、今回で3代目なので「3号」という名前になっているようです。
興味深いのは、3号ではBASICはインタープリタではなくコンパイラになっているという点で、以前に比べて格段に実行速度が上がっているそうです。

がんばればかなり本格的なゲームの作成も可能で、「初代プレイステーションで出ていた2次元ゲーム並みのものは作れるはず」(スマイルブームの小林貴樹社長)とのこと。
初代プレステ並みのゲームをBASICで作れる『プチコン3号』 【東京ゲームショウ 2014】 日経トレンディネット

あと、まだ全部目を通していないのですが、熱心な解説記事がこちら。

「日刊!プチコン3号」最新記事一覧 – ITmedia Keywords

もっとも、プチコン3号を私が買おうと思ったのは、昔からゲームを作られているABA GAMESさんの日記がきっかけです。

1000円を握りしめてニンテンドーeショップに駆け込み、プチコン3号を買って、以下のプログラムを打ち込もう。

@1:LOCATE RND(48),RND(30),RND(500)-250:PRINT “バカ”:GOTO @1
文字列の表示位置を指定するLOCATEの引数が3つあることに注目。3つ目の引数のZ座標で奥行きを設定することができ、このプログラムで3DSの上画面に飛び出す「バカ」が表示できる。

立体視を手軽に試すことができるという点では、プチコン3号はかなりイケている環境である。コンソール上のテキストだけでなく、スプライトやBGなどもZ座標を設定することで画面から飛び出した位置や奥まった位置に配置できる。ムダに立体なゲームが作りたくなる。

作ったゲームはサーバ上にアップロード、公開することができ、公開キーを打ち込むことでダウンロードできる。作ったゲームを配るのも簡単だ。
最新ゲーム機の裸眼立体視をマイコン時代のBASICで堪能できるプチコン3号 2014-12-01 – ABAの日誌

非常に簡潔かつポイントを押さえたご紹介ですね。

私はまだ、いじり始めたばかりで操作もよくわからない感じではあるのですが、まあ少しずつ紹介していければと思います。

enchantMOONを買った訳

私がenchantMOONを買ったのは、その「手書き機能」や「ユーザーインタフェース」が気に入ったからではありません。(そもそも実物を触らないで買っていますので…出来の良し悪しで判断していません。)

手書きという作業そのものに関しては、重要だと思っています。
仕事でアイデアをまとめるときは、いつも紙と鉛筆です。
ただ、私は絵描きではなく、仕事の成果物は最終的にはPowerPointなどPC上のツールで最初から作ることがほとんどですので、手書き段階の作業を紙の代わりにコンピュータの上でやる必要性はあまり感じません。

また、ユーザーインタフェースですが、UEIは「No UI」を掲げて、新しい手書きUIを提案してきましたが、正直なところ、これにそれほど魅力は感じませんでした。
ユーザーインターフェースについては、実機をしばらく使ってから書こうと思います。

enchantMOONを買ったのは、これがAndroidでもiPhoneでもPCでもない「何か」だからです。

特定のタスクを考えれば、たぶんiPadやAndroidタブレットのほうが、トータルで見て効率よくこなせるでしょう。
私はenchantMOONを実用品として買ったのではなく、実用的でないことを織り込み済みで買いました。
実用性よりも、「他のものでない何か」であることに価値を見出したわけです。

コンピュータ好きの一人として、私も「コンピュータの新しい使い方を見出したい」という情熱を持っています。
新しい使い方を見出す有力な方法は、それまでの使い方を捨てることです。
その結果、いったん「何も出来ないコンピュータ」へ退化したように見えてしまうことは仕方ない。

ところが、iOSの登場以降、特にユーザーインタフェースに関して、違うものを提案しようという動きがあまり出てきません。
Androidには期待はしませんが、それ以降のスマホ向けFirefox OSやUbuntuなどもユーザーインタフェースを考え直そうという機運があまり感じられません。

そんな中、enchantMOONは、久しぶりに既存システムのお作法から離脱しようとしている製品だと思いました。
もちろんその先に、新しい使い方を見出せるかどうかはまだ分かりません。
単にそのチャンスがある、というだけです。

下の竹内先生のブログも同じことを言われていると思いますので、リンクを張って紹介しておきます。

一見、バカに見えることの中にこそ、チャンスがある。あなたの会社は、バカなことをやっていますか? – 竹内研究室の日記

enchantMOONに関しては、その尖り具合にお金を払ったようなものなので、アップデートを重ねてどんどん尖っていって欲しいですね。

enchantMOONがやってきた

particle.jpg

予約していたenchantMOONが届きました。
なのでこれをネタに、久しぶりにブログを再開しようと思います。

enchantMOONはユビキタスエンターテインメント(UEI)という日本のベンチャー企業が作った、手書きにこだわったタブレットです。
ネットにはレビューもちらほら出ています。

ドリキンが斬る!(1):enchantMOONファーストルック (1/2) – @IT

ベンチャー企業が小ロットで生産する製品ですから、実験的というか、半分試作品みたいなところはあります。

この端末の上でプログラミングもしてみたいのですが、まだあまり開発関連の情報は出ていないようです。
Androidベースということなので、GPLで縛られる部分はソースコードを公開しなくてはいけないはずですが、今のところそれもまだ見当たりません。

そんな感じなので、このブログのネタとしていつまで続くかは先が見えない感じもしますが、例によって飽きるまでは書いてみる予定です。