ESP32用のブレークアウトボード「E32-BreadPlus」

esp32bb1.jpg

先日ESP32-DevKitCを購入しましたが、実はその前にESP32モジュール単体も購入していました。

モジュールのほうはパーツケースの肥やし(泣)かなあと思っていたのですが、たまたまスイッチサイエンスさんでT字型のブレークアウトボードを見つけました。

ESP-WROOM-32 ブレッドボード開発基板 「E32-BreadPlus」(基板のみ) – スイッチサイエンス

ESP8266やRaspberry Piも同様なT字型の変換基板を見かけます。ブレッドボード上を広く使えるのがメリットです。
で、このボードですが、開発元のIndoor Corgi Elec.さんのページを訪問したところ、ブログで紹介するなら無料でボードをいただけるキャンペーンを開催中ということでしたので、ありがたく1枚送っていただきました。

ボードの表面です。

esp32bb2.jpg

ボードの裏面です。
GNDや3.3Vのパターンは太くなっています。

esp32bb3.jpg

モジュールはこんな感じでカプトンテープで固定してからハンダ付けしました。

esp32bb4.jpg

あとは抵抗2本、タクタイルスイッチ2個、コンデンサ1個とピンヘッダをつけて完成です。

とりあえず組み立ててみましたが、電源やUSBシリアルも必要ですので、火入れ・動作確認はまた別途やることにします。

ESP32-DevKitC

esp32.jpg

秋月電子の前を通ったら、ESP-32の開発ボードが売られているのが目に留まり、買ってみました。

ESP32-DevKitC ESP-WROOM-32開発ボード: 無線、高周波関連商品 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

なんと、たまたま発売日だったようです。
モジュール単体が700円なので、ボードで1480円というのは安いですね。
USBシリアルがオンボードで載っているので、便利そうです。

esp32-2.jpg

このモジュール、電力食いらしいですし、パワフルすぎて扱いに困る感じもしますが、おいおい試してみたいと思います。

とりあえず、ArduinoでのLチカまでは確認してみました。
ツール類のインストール方法はこちらにあります。

GitHub – espressif/arduino-esp32: Arduino core for the ESP32

私はWindows7で試しましたので、Arduino IDE 1.8.1、Gitをインストールしました。
ESP32用の開発ツールはArduinoのボードマネージャを使わずにダウンロードする手順になっています。
Gitで基本ツールをクローンした後、さらに「Get」コマンドを実行すると必要なファイルがダウンロードされます。
(手順は上記リンクを確認)

他に、USBシリアルのドライバのインストールが必要でした。

USB – UART ブリッジ VCP ドライバ|Silicon Labs

シリアルポートを選択し、ボードはボードメニューから「ESP32 Dev Module」を選択します。

スケッチ例→ESP32→AnalogOut→LEDCSoftwareFadeを試してみました。
LEDはGPIO5に接続します。

esp32-3.jpg

写真では抵抗入りLEDを使っていますので、I/Oピンに直結しています。
Arduinoのダウンロードボタンを押すだけで普通にスケッチが書き込まれ、実行されました。
使い勝手は通常のArduinoボードと全く同じです。