とりあえずXcodeインストール完了。

xcode.jpg

2度目の挑戦でXcodeは無事ダウンロードでき、インストールが完了しました。

インストールには9.54GBのスペースが必要でした。
ということは、Xcodeのインストールには、ダウンロードするファイルと合わせて、14GB程度の空きスペースが必要ということです。

まあ、私のMacBook Airは128GBモデルですが、買ったばかりなので100GBくらい空いていて、全然問題ありませんでしたが。

注意点として、ダウンロード開始からインストール完了まで、Time Machineは切っておくのがよいと思います。
実は一度目のダウンロード中にTimeMachineバックアップが作動したのですが、ダウンロードに失敗したのはこのためかもしれません。
私のところでは、Time Machineのバックアップ先をWiFi経由のNASにしていますので、Time Machineの通信負荷でダウンロードのほうが圧迫されたのかもしれませんが…。

いずれにしても、インストールが完了するまでの途中の段階でバックアップをすると、バックアップの量が多いですし、その割にバックアップを行う意味はあまりないと思います。

ちなみに、このインストール作業中、MacBook Airを購入してから初めて、冷却ファンが動作しました…。

なお、インストーラはXcodeをドックに入れてくれません。
Xcode自体は /Developer/Applications/にインストールされていました。
また、そのほかに、gccやmakeといったおなじみのUNIX開発ツールが/usr/binなどにインストールされていました。

そうそう、先ほど書いたemacsでMETAキーが使えない件ですが…

ターミナルの環境設定のキーボードのところに、optionキーをMETAキーとして使うという設定がありました。
これをオンにしたら、emacsでoptionキーがMETAキーとして使えるようになりました。

というわけで、これからしばらく、Xcodeの使い方を地道に勉強していこうと思います。

Xcodeダウンロード再トライ

うーん、なんだかXcodeのダウンロードに失敗したみたい。

ダウンロードが完了したようなのでダブルクリックしたのだが、
「次のイメージは開けませんでした エラー-4960」
みたいなメッセージが出て、開けない。

慣れないMacで原因究明は面倒なので、とりあえず再度ダウンロードにトライ中。

待ち時間の間、ターミナルを立ち上げてディレクトリを散策。
OS XはれっきとしたUNIXということで、ディレクトリ構造も基本的にUNIX。
自分にとっては新しいOSであっても、/usr/binとかで慣れ親しんだコマンドに出会うと、訳もなく安心するんですよね。

開発ツールは入ってないけれど、perl, ruby, awk, pythonなどは入っているし、tcshもemacsもある。
ただ、emacsはメタキーに何を使うのか不明。。。optionでもcommandでもなかった。ESC使うしかないのかな。

そういえば、Macは基本的なテキスト編集機能が、すべてEmacsキーバインディングになっていて良いですね。
Control-SpaceがSpotLightの起動になっちゃっているのが、残念ではあるけれど。

XcodeとiOS SDKをダウンロード

とりあえずXcodeをダウンロードすべく、Apple Developerの登録をしてみました。

この登録は無料のもので、10,800円かかるという「デベロッパプログラム」ではありません。

作ったアプリをApp Storeに登録するにはデベロッパプログラムが必要ですが、開発環境のダウンロードだけなら無料ということですね。

というわけで現在「Xcode 3.2.5 and iOS SDK 4.2」をダウンロード中です。

ファイルは3.52GB、スループット1.1MB/秒くらい出てます。
1時間ほどで完了するようです。