XcodeとiOS SDKをダウンロード

とりあえずXcodeをダウンロードすべく、Apple Developerの登録をしてみました。

この登録は無料のもので、10,800円かかるという「デベロッパプログラム」ではありません。

作ったアプリをApp Storeに登録するにはデベロッパプログラムが必要ですが、開発環境のダウンロードだけなら無料ということですね。

というわけで現在「Xcode 3.2.5 and iOS SDK 4.2」をダウンロード中です。

ファイルは3.52GB、スループット1.1MB/秒くらい出てます。
1時間ほどで完了するようです。

Macでの開発環境

Macでソフトウェア開発をするときは、Apple提供のIDEであるXcodeを使うそうです。

そのこと自体は、以前からいろんなサイトで見聞きしていました。

ちょっと調べてみたら、そのサイズは全部で9GBくらいあって、しかもネットからダウンロードしないといけないらしい。
Air付属のOSインストール用USBの中には含まれていないとのこと。

まあ当然といえば当然かもしれません。
開発環境なんて、普通の人には要らないものね。

しかし、9GBダウンロードかー。

てことは72Gbitですよ。

72Mbps × 1000秒ですよ。

接続スピードが7.2Mbps出たとしても、10,000秒かかります。
約3時間くらいですかね。

…あれ、意外と大したことないか…。
MacBook Airのバッテリの保ち時間の半分しかかかりませんね。

まあ考えてみればFTTHなんか全然普及してない米国で、通用しているやり方なんだから、日本で通用しないわけないですね。

ウチはADSLなんだけど、ダウンロードしてみるかー。

楽しくやろう。

先日、MacBook Airを買いました。

これを契機に、ずいぶんと久し振りにプログラミングをしようかなと思っています。
このブログはその記録用です。

こういう、趣味の活動は、楽しくないと続きません。
なので、ブログのタイトルも「楽しくやろう。」です。

マイペースで、何かやってみたときだけ、書く予定です。

ドメイン名のboochow.comは、深い意味はありません。

丸っこいアルファベットが多いのがいいなーとか、
1文字目はなるべくアルファベットの最初の方の字がいいなーとか、
発音上、濁音の入るものがいいなーとか、
なるべく楽しげな音のものがいいなーとか、

まあいろいろ希望はありましたが、何となく浮かんだ語です。

検索してみたらヒット数も少なかったので、これに決めました。

実は、最初boocho.comにしようと思って、SeeSaaブログもboochoで登録したのですが、”boocho”の意味を調べてみたら

1. The act of being a bum in a time of action.
2. The knowledge of being inactive when action(s) should be taken place, but taking pride in not doing so.
3. Rolling up to the party with a lame European beer called Blue Moon.
1. dude, savage, that boocho buddy needs to fucking sobber up.
2. those fucking boocho’s need to go to hell.
3. Savage…boocho
Urban Dictionary: boocho

と、あまり良い意味ではなさそうなことが分かりました。

ところがそのすぐ近くにあった”boochow”は

extremely great; marvelous; superb; or excellent.
Urban Dictionary: Boochow

と、良い意味だったので、こちらを選ぶことにしました。

“w”一文字の違いでずいぶん意味が違います。
まあどちらにしても、あまり一般的じゃない単語みたいですけどね。

独自ドメインにしたのは、今後VPSを借りて、自前サーバでblogやるときの備えです。

ま、やらないかもしれませんけどね。