2017年09月29日

Micropython + ESP32のためのIDE「uPyCraft」を使ってみた

upycraft01.png

ESP32でMicropythonが動いていますが、REPLで毎度コードをペーストするのも大変です。
ファイルをESP32にダウンロードするツールがあるのではないかと探してみたら、uPyCraftというツールを見つけました。

Introduction ・ uPyCraft_en

Windowsでも動作しますし、エディタとコンソールが一体化していてなかなか便利そうです。

使い方も難しくはなく、設定としてはMicropythonが動作しているESP32のシリアルポートをメニューの「Tools」→「Serial」から選択すれば完了です。

このツールはもともとFireBeetle ESP32という開発ボード用に作られたもののようです。
中国の会社の製品のようですが、DevKitCとそれほど違いがあるわけではなく、問題なく使用できました。

Arduinoのように、「File」→「Examples」にいろいろなサンプルがもとから付属しています。
この中から、試しに「Basics」→「mario.py」を動作させてみました。

コードを見ていくと、IO25に音声を出力させているのがわかります。
圧電ブザーをIO25とGNDに接続して試してみました。
upycraft02.png
upycraft1.png

まず、ウインドウのConnectボタン(STOPボタンの右)を押します。
これでESP32のシリアルポートに接続されるはずですが、接続されない場合はメニューの「Tools」→「Serial」でシリアルポートが選択されているか確認してください。

そして、「DowloadAndRun」ボタン(右向き三角のボタン)をクリックすると、ファイルがESP32に転送され、実行されます。
見事!マリオのテーマが圧電ブザーから流れました。

サンプルはまだ作成中のものも多いようですが、uPyCraftはArduino的なお手軽さをESP32 + Micropythonで実現できており、なかなかのお勧めだと思います。
ラベル:MicroPython
posted by boochow at 01:50| Comment(0) | ESP8266/ESP32 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事