日記

QQEnglish受講300回

今日でQQEnglishの受講が300回目になりました。始めてから大体1年半ちょっとです。 最初は、どんなものか・・・と月8回のコースでおっかなびっくり始めましたが、今は週5で平日は毎日レッスンを入れています。コースも月16回(7980円)...
Synthesizer

Mutable Instruments BraidsをNTS-1 mkIIで動かす

昨年drumlogueに移植したBraidsを、NTS-1 mkIIへ移植しました。 Braidsそのものについては以前の記事で触れていますので、詳しくは書きませんが、Mutable Instrumentsのユーロラックモジュールで、全47...
Synthesizer

Mutable Instruments Tidesの調査

Mutable Instrumentsのモジュールの中に「Tides」というモジュールがあります。これはLFOにもエンベロープジェネレータにもオシレータにもなるというユニークなモジュールです。V1とV2があり、機能は似ていますがソフト・ハー...
日記

NTS-1(初代)をLFOにしてみた

KORG NTS-1 markIIには、初代に無い機能として「オーディオ入力をオシレータから触る」ことができます。初代では、入力信号にエフェクトをかけたりはできましたが、オシレータから触ることはできませんでした。 --エフェクトの一方、オシ...
日記

Gumroadでの収入が累計2000ドルに到達

Gumroadから振り込まれた金額の累計が先週で2000ドルを超えました。今の為替レートなら30万円になりますが、振り込まれた時点のレートで計算したものを累積すると27万円くらいです。 logue SDK関連の購入機材は ・NTS-1 ¥1...
Synthesizer

NTS-1 mkIIのlogue SDKでパラメータが初期化できない件

NTS-1 mk2用ユーザユニットの開発中に出くわしたバグ?の話です。 logue SDK v2のAPIには、ユニットのロード時、最初に一度だけ呼ばれる初期化関数 unit_init() があります。変数はこの関数中で初期化します。 ユーザ...
Synthesizer

logue SDKで文字列型パラメータにprintfで出力する

logue SDK v2では、パラメータの値の表示に任意の文字列を用いる機能が用意されています。これはパラメータの値を数字ではなく文字列で分かりやすく表示するための機能ですが、パラメータと全く関係ない情報を表示することが可能なので、デバッグ...
Synthesizer

NTS-1 mk2でのSDRAM利用上の注意点

logueシリーズ(drumlogue以外)では、バッファ専用のSDRAMを持っています。このSDRAMは主にディレイなどのエフェクトで利用するものです。NTS-1 mkIIではモジュレーションエフェクトが256KB、ディレイとリバーブは3...
Synthesizer

NTS-1からNTS-1 mk2への移植ガイド(FX編)

これまでに作ってきた、NTS-1で動作するエフェクタ類のいくつかをNTS-1 mkIIに移植してみました。 自分の作成したものだけなので観測範囲は狭いのですが、移植の手順、ポイントみたいなものをメモしておきます。 ファイル構成 新旧を比較す...
Synthesizer

NTS-1 mk2でピッチ・チェンジャーを作ってみた

以前の記事でも触れましたが、NTS-1 mkIIではオシレータからAUDIO INのデータを利用することができます。AUDIO INを使ったオシレータの実験として、AUDIO INの音声を音高を変化させて再生する、簡単なピッチチェンジャーを...
Synthesizer

初心者がNTS-1 mkII用のオシレータを開発するには?

こちらの記事に、下記のご質問を頂きました。 NTS-1が好きでカスタムオシレータを使っていましたが、mk2は発売から間もなく対応したカスタムオシレータが見つかりませんでした。 どなたか作っていないか?とweb検索してこの記事にたどり着きまし...
Synthesizer

NTS-1 mk2でオシレータを作ってみた

NTS-1 mk IIではSDKがアップデートされています。SDKの概要は前回の記事に書きましたが、今回は試しにオシレータを作ってみました。 以前、旧NTS-1とdrumlogue用に作った、以下のシンプルなオシレータを、mk2に移植してみ...
Synthesizer

KORG NTS-1 mk2のSDKを調べてみた

新発売のKORG NTS-1 mkIIが届きましたので、ちょっといじってみました。 先代のNTS-1は開発機材として、オモチャとして、いろいろ遊べるマシンでした。mk IIは価格がだいぶ上がってしまったところが惜しいですが、プロセッサがCo...
日記

LLMの何がヤバいのか

私は仕事上、技術調査・企画みたいなことを結構長くやっていました。そのためか、会社の偉い人(かつコードを書いたりしていない人)に、ある技術がどうすごいのかを、うまく説明する方法をよく考えます。LLMについても、どう説明するのが良いのかずっと考...
日記

アナバスオーディオ AA-001の分解

アナバス・オーディオは日本の太知ホールディングスのブランドで、CDクロックラジオや近年ではレトロなデザインのレコードプレーヤーなどの製品を販売しています。その中の一つであるAA-001は、CD/FM/AM/USBメモリの再生が可能な2.1c...