PC LinuxにRaspberry Pi Pico開発環境をインストール


Picoの開発環境のマニュアル「Getting started with Raspberry Pi Pico」は、PicoのSDKについて、Raspberry PiのLinuxを例に解説されています。

私は、Raspberry Piではなく、とりあえずPC-Linuxにインストールしてみました。Pi4ならそうでもないかもしれませんが、Piは開発マシンとしてはあまりパワフルではありませんしね・・・。

対象のPC-Linuxですが、私はこれまでUbuntu 16.04をずっと使ってきたのですが、サポートも今年の4月までのようですし、この機会にUbuntu 20.04を(VMで)新規にインストールしました。なお、MacやWindowsへのSDKのインストールについては、上記のマニュアルの8.1と8.2で解説されています。

コンパイラやサンプルプログラムなど、必要なもののインストールについては、以下のシェルスクリプトの形でまとめられています。

raspberrypi/pico-setup
Contribute to raspberrypi/pico-setup development by creating an account on GitHub.

このスクリプトはRaspberry Pi用で、それ以外の環境での利用は自己責任で、と書かれています。
私はVS Codeだけ除外して(エディタはEmacsが好きなので)このスクリプトでインストールしてみましたが、一応Ubuntu 20.04では動作しました。Raspberry Pi OSはDebian ver.10ベースなので、Ubuntu 18以降でないと互換性の問題が出るかもしれません。

ちなみに、私のようにVS Codeをインストールしたくない場合には上記のスクリプトの最初に

SKIP_VSCODE=1

と入れておけばOKです。

また、UARTの設定はRaspberry Pi用なので

SKIP_UART=1

も入れておいたほうがいいでしょう。(入れなくても、raspi-configが見つからないというエラーが出るだけですが)

スクリプトの実行には一部、スーパーユーザ権限が必要になります。

スクリプトを実行すると、サンプルのビルドまでやってくれます。
スクリプトが無事終了したら、以下のようにblinkのビルドが完了しているはずです。

$ cd pico/pico-examples/build/blink
$ ls
blink.bin  blink.elf      blink.hex  CMakeFiles           elf2uf2
blink.dis  blink.elf.map  blink.uf2  cmake_install.cmake  Makefile
$ 

blink.uf2がビルドされたインストール用ファイルです。

PicoのBOOTSELボタンを押しながらPCのUSBに接続し、ストレージにblink.uf2をコピーすれば、Picoのボード上のLEDが点滅します。(PicoをUbuntuに接続した場合は、ドライブは

/media/user_name/RPI-RP2/

にマウントされているはずです。)

もう一つ、hello_worldサンプルもビルドが完了しています。

このhello_worldは、UARTに”Hello, world!”を1秒ごとに出力するものですが、
・GPIOのUARTに出力するもの
・USBの仮想シリアルに出力するもの
の2つがあります。

後者をインストールするには、

pico/pico-examples/build/hello_world/usb

の下にある

hello_usb.uf2

をPicoのドライブにコピーします。

コメント