2017年11月30日

NUCLEO-F767ZIでWebサーバ


NUCLEO-F767ZIのEthernet端子はMicroPythonからは使えないので、テストのために付属のアプリケーションを動かしてみました。

以前ちょっとだけ使ってみたSTM32CubeMXと一緒に配布されているものです。
C:\Users\ユーザ名\STM32Cube\Repository\STM32Cube_FW_F7_V1.8.0\Projects\STM32F767ZI-Nucleo\Applications\LwIP\LwIP_HTTP_Server_Netconn_RTOS\SW4STM32

に入っています。(入っていない場合は、CubeMXのメニューのHelp→Install New Librariesから、最新の「Firmware Package for Family STM32F7」を選択してインストールします。)
これを、SW4STM32のImport...からGeneral→Existing Projects into Workspaceでワークスペースに追加してビルドします。

デフォルトではDHCPで動作しますので、動作しているIPアドレスのアタリをつける必要があります。

とりあえずEthernetが正常に動作していることは確認できました。
STM32F7-http-server.png


STM32CubeMXですが、このNUCLEO-F767ZIのように多機能なボードになってくると、初期設定を行うコードを自動生成してくれるのはそれなりに意味はあるかもしれません。
先日のRaspberry Piのベアメタルプログラミングでも、GPIOのモードを適切に設定するにはマニュアルを調べなければなりませんでしたが、そのへんがGUIで選択していくだけで済んでしまうのは、慣れると便利な気がします。
posted by boochow at 01:07| Comment(0) | stm32 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事