2017年12月01日

NUCLEO-F767ZIのMicroPython用Ethernetドライバ

ether01.png

昨日はサンプルアプリのWebサーバを動かしてみたNUCLEO-F767ZIですが、やはりMicroPythonからインターネット接続できるようにしたいところです。

しかし、以前も探してみたことがあったのですが、MicroPythonでNUCLEO-F767ZIのオンボードイーサネットを使うドライバは、現時点ではまだ無いようです。
だめもとで、先日のWIZnet5K+LwIPのドライバと、STM32CubeMXに付属のサンプルコードをを参考に、自分で作ってみることにしました。

中身がまだよく分かっていませんが、これらのコードを適当に切り貼りした結果、どうやらnetworkモジュールの下にEthernetドライバクラスを追加することはできました。
といっても、オブジェクトが生成できただけで、まだまともに動いてはいないのですが。
ラベル:MicroPython
posted by boochow at 00:57| Comment(0) | stm32 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事