Korg NTS-1用MIDIケーブルの製作


MIDIのコネクタは長らくDIN5ピンが使われてきましたが、最近新たにステレオミニプラグを使うMIDIケーブルが標準化されました。実際には、少し以前からメーカー独自規格として使われつつありましたが、それが正式に標準になったものです。

[Updated] How to Make Your Own 3.5mm mini stereo TRS-to-MIDI 5 pin DIN cables
Editors note: This article was written before the MMA published an official standard for using TRS adapters with MIDI devices, and simply describes the TRS conn...

上の記事ではA、B二つのタイプのメーカー規格が紹介されています。KORGはタイプAです。標準化されたのもタイプAで、NTS-1のMIDI端子もこの規格が使われています。手持ちのMIDIキーボードをつないでみようと、ケーブルを探したのですが、意外とあまり売られていません。たまに中国メーカー製のケーブルを見かけますが、意外と高価(1000円前後)です。

そこで、150円くらいのステレオミニプラグのケーブルを切って、110円くらいのDIN5ピンプラグにつないで自作しました。

5ピンのうち、中央のピンがシールドで、その左右にステレオケーブルのLとRを接続します。上の写真では赤がR、白がLです。ステレオミニプラグ側ではRがTIP(突端)、LがRING(突端とシールドに挟まれた中間部分)となっています。

コメント