Sequential Circuits TOMの電源修理


このところあまり余裕がなく、大分ブログの更新の間が空いてしまいました。

先日オークションでSequential社の TOMと言うドラムマシンを入手しました。

SequentialといえばProphet-5などのアナログシンセサイザーが有名ですが、TOMは1985年に発売されたPCM方式のドラムマシンです。

ジャンク品で電源ユニットが欠品していましたが、自作してどうやら動作するようになりました。

このTOMは、回路図も載っているメンテナンスマニュアルがインターネットで入手できます。
電源部分はトランスで降圧して整流し、平滑化して3端子レギュレーターへ渡すという典型的な構成で、5V、−5V、-12Vを生成しています。

今回欠品していたのはトランスです。
米国では補修部品も出回っているようですが、かなり高価です。

SequentialCircuits.com
Power adapter, 16VAC, 2.5A – Syntaur

回路図ではトランスはセンタータップ付きの15V、1.25Aの指定となっています。
レギュレータの出力が12Vと5Vで、レギュレータでの電圧降下分が少なくとも2Vは見込む必要がありますので、センタータップ付き14V(7V-0V-7V)以上のトランスが必要となります。
インターネットで検索してみると17V 1Aのトランスが使われている場合もあるようです。

Photos et images Sequential Circuits TOM – Audiofanzine

指定の仕様ピッタリのトランスは見当たらず、入手しやすいトヨズミのHT162を使用しました。
これは16V 2Aのトランスで、8Vのタップも出ています。
16V 1AのHT161もありますが、残念ながらこちらは8Vのタップが出ていませんでした。

厳密に言えば、8V-0V-8Vというセンタータップつきのトランスと0V-8V-16Vのトランスは完全互換ではなく、後者は0V-8V間と8V-16V間の電圧が微妙に異なる場合があるそうです。
ですが、今回の回路では問題なさそうです。

菅野電機研究所のSP-161という製品が16V 1Aで8Vタップがあり、丁度良さそうだったのですが、残念ながら菅野電機研究所は2017年5月に廃業したようです。(現在、ネット通販ではまだ在庫がある店舗もあるようです。)
「S.E.L.」という黄色のロゴマーク、かつて秋葉原ではよく見かけていたので寂しいことです。

本体とトランスとの接続は、3本の線が必要になりますが、これには6ピンのDINプラグが使われていました。
千石電商で「マル信無線電機 MP-016」を入手しました。

ケーブルは3芯のものが必要です。意外と見つかりにくく、ようやくマルツで良さそうなのを見つけました。

ビニルキャブタイヤコード 灰 3芯 0.3sq VCTFハイ0.3SQX3CRの通販ならマルツオンライン

プラグとの結線情報はこちらにありました。
この結線情報は回路図とピン番号が違っていますが、要は以下の写真のような配線になります。

DINプラグは、金属部分が二つに分離でき、中身の端子を取り出して半田付けします。

トランスにこのDINプラグとACケーブルを接続し、TOMにつないでみると無事動作しました。
トランスのAC側にはヒューズを入れるほうが良いのかもしれませんが、今回は省略です。

ちなみに、下の写真はメーカー製のACアダプタ(ローランドのBRB-100)の中身ですが、やはり単にトランスに結線されているだけでした。

コメント