NUCLEO-F767ZIを購入

nucleo-f767zi-1.jpg

STM32のボードは以前購入したNUCLEO-F401REを使っていましたが、結構楽しめることが分かったので、上のランクのCortex-M7ベースのボードを買ってみました。
何種類かあるのですが、価格はどれも同じなので数字が一番大きいNUCLEO-F767ZIにしました。
CPUはF767ZI、クロックは216MHz、SRAMは512KB、フラッシュは2MBで、12bitのADCとDAC、4 I2C、4 UART、6 SPIとリソースも豊富です。

早速MicroPythonを入れてみました。
MicroPythonで動くベンチマークテスト的なものがフォーラムの以下のページにあったので

Benchmark comparison of MicroPython boards – MicroPython Forum

試してみたところ、こんな数値になりました。

Pystone(1.2) time for 500 passes = 152 ms
This machine benchmarks at 3289 pystones/second

上記のページにある他のボードは最速でも2212なので、5割増しのスピードです。
ちなみにESP32だと

Pystone(1.2) time for 500 passes = 850 ms
This machine benchmarks at 588 pystones/second

という結果でした。

Ethernetも搭載されているのですが、現時点ではMicroPythonでサポートされていないのが残念です。

nucleo-f767zi-2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA