ESP32CAMモジュールを買ってみた

Amazonで1999円で謎のショップから出品されていた、M5Stack ESP32CAMモジュールを試しに買ってみました。

Amazon | M5Stack ESP32 Camera Module, OV2640 2 Mega Pixels Camera 1632 1232 UXGA, With Type C Port and 3D WiFi Antenna, Mini Camera Board for Arduino, Raspberry Pi 3B/3B+ and Pi 2B B+ IOT DIY | M5Stack | パソコン・周辺機器 通販

一応、正規品はこちらです。

Aliexpress.com: M5Stack Storeより信頼できる ホームオートメーションキット サプライヤからM5Stack公式ESP32カメラモジュール開発ボードov2640カメラタイプ c木立ポート3d無線lanアンテナミニカメラボードを購入します

ケースを開けてみると、中国からボードを買うときのおなじみの袋に入ったモジュールと、両面テープ式のヒートシンクが入っていました。

届いたものは、ケースには一応M5STACKのラベルが貼ってありますが、FCCやTELECに関する表記は一切無く、中国国内用もしくはコピー品なのではないかと思います。
ボード自体はM5Stack Storeで売られているのと同じもののようです。


USB type Cケーブルは付属しませんので、持っていない場合は別途購入の必要があります。

技適は通っていないと思われますが、ちょっと通電してみました。
デモ用のWebカメラアプリが入っており、以下の動作をします。

・ESP32はアクセスポイントモードで動作。SSIDはM5Cam、パスワードは無し。同時1アクセスのみ
・ESP32CAMのアドレスはhttp://192.168.4.1
・上記およびhttp://192.168.4.1/jpg_stream にアクセスするとJPEGファイルのストリーミング
・http://192.168.4.1/jpg は静止画取得
・解像度はVGA

静止画は以下のようなものです。
レンズの画角は28mmか27mm相当かと思います。監視カメラ目的にはちょっと狭いかもしれません。

ストリーミングの場合は、概ね80~140msec / frameくらいの時間がかかりますので、7~8fpsのスピードです。
ただ、ソフトでエンコードしているのか、チップが発熱します。そのためにヒートシンクが付属しているようです。
技適を通す場合はWROVERモジュールのようにチップ部分をケーシングする必要があると思いますが、その状態で長時間ストリーミングで使って大丈夫なのかどうかは気になります。

何か目的があって購入したわけでは無いので、しばらく積みボードになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA