ESP8266/ESP32

ESP8266/ESP32

ESP32にMicroPythonをインストール

三連休の「やってみた」をもう一つ。 (といっても自分用に使うことができた休日は今日だけなのですが) これまた入手はしたけれど、使い道が無くて遊んでいた、ESP32-DevKit Cです。 ESP32用MicroPythonをビルド...
ESP8266/ESP32

ESP32用のブレークアウトボード「E32-BreadPlus」

先日ESP32-DevKitCを購入しましたが、実はその前にESP32モジュール単体も購入していました。 モジュールのほうはパーツケースの肥やし(泣)かなあと思っていたのですが、たまたまスイッチサイエンスさんでT字型のブレークアウトボード...
ESP8266/ESP32

ESP32-DevKitC

秋月電子の前を通ったら、ESP-32の開発ボードが売られているのが目に留まり、買ってみました。 ESP32-DevKitC ESP-WROOM-32開発ボード: 無線、高周波関連商品 秋月電子通商 電子部品 ネット通販 なんと、たまたま発...
ESP8266/ESP32

ESP8266でPNGデコーダを実装してみた(4)

世間はすっかりクリスマス&スターウォーズに染まっていますね。 今週も週末は慌しく過ぎました。 今年は年末年始の休みも一週間しかなく、欲求不満が溜まりそうです。 今日は、PNGデコーダの実装に透過色を追加しました。 透過色は、「tRN...
ESP8266/ESP32

ESP8266でPNGデコーダを実装してみた(3)

この週末はあまり時間が取れなかったのですが、このところ作っているPNGデコーダを、1bit/2bit/4bitのインデックスカラーに対応させてみました。 動画の通り、インデックスカラーはそれなりに高速に表示できます。 動画では、1b...
ESP8266/ESP32

ESP8266でPNGデコーダを実装してみた(2)

前回実装したPNGデコーダに、インデックスカラーモードとグレースケールモードの実装を追加してみました。 PNGの画像圧縮・伸長はバイト列が対象なので、カラーモードごとの違いはデコード結果のバイト列をどう解釈するかだけの違いです。 ...
ESP8266/ESP32

ESP8266でPNGデコーダを実装してみた

前回、「ESP8266でオンメモリでPNGをデコードするのは難しいかも」と書きましたが、あれこれ考えた結果、ぎりぎり何とかなりそうな見通しが立ったので、この3連休を使って実装してみました。 Deflate圧縮の伸張には、前回紹介し...
ESP8266/ESP32

PNGデコーダの調査結果:ESP8266でのデコードは厳しいかも

ESP8266でJPEGとGIFがデコードできましたので、PNGも…と思い、仕様や既存のライブラリを調査していました。 その結果をここでまとめておきます。 結論としては、ESP8266でのPNG画像のデコードは不可能ではないものの、RAMの...
ESP8266/ESP32

ESP8266でGIF画像をデコードする

JPEG画像に続いて、今度はGIF画像のデコードを試してみました。 GIF画像の圧縮・展開は、結構メモリが必要になります。 具体的には、最低でも25KB以上は必要です。 まず、GIFは最大256色を使いますが、色番号に対応...
ESP8266/ESP32

ILI9340液晶の表示の高速化

前回の続きです。 前回の最後のほうで 現在は1ピクセルずつdrawPixelで書いている部分をsetAddrWindowとpushColorで書き直せば、もう少し高速化できると思います。 と書きましたが、大した手間でもないのでやっ...
ESP8266/ESP32

激安QVGA液晶をESP8266で使う

中国の通販サイトaliexpressで、QVGA(320x240)の2.2インチカラーLCDが送料込で5ドル少々だったので購入してみました。 インタフェースはSPIで、コントローラはILI9340Cということで、たぶん以下の記事で使わ...
ESP8266/ESP32

ESP8266でJPEG画像をTFT LCDに表示する

前回はSPIFFSの中に格納したBMPファイルを表示させましたが、JPEG、GIF、PNGなどのファイルも表示させたくなりますね。 調べてみたところ、これらの画像形式の中でESP8266で比較的扱いやすいのはJPEGのようです。 JPEG...
ESP8266/ESP32

ESP8266のフラッシュメモリをファイルシステムとして使用する(2)

前回の続きです。 SPIFFS(SPI Flash File System)をArduinoからファイルシステムとして使えるようになりましたので、BMPファイルを格納して、そのファイルを以前も使用したTFTカラーLCDに表示させてみます。...
ESP8266/ESP32

ESP8266のフラッシュメモリをファイルシステムとして使用する

ESP8266はSPI経由でフラッシュメモリが接続されています。 容量は、国内で使用可能なWROOM-02の場合は4MBです。 フラッシュメモリの空きスペースは、ストレージとして、プログラムで使用するデータを置いておくことができます。 通常...
ESP8266/ESP32

ESP8266 SDKのJSON APIを使ってみた

前回はオープンソースのJSONライブラリについて紹介しましたが、本家のESP8266 SDKにも、JSONライブラリが入っています。 今回は前回の続きということでこのライブラリを紹介しますが、最初に結論を書いておくと、このライブラリは空のオ...