2017年12月28日

ベアメタルRaspberry Pi用MicroPythonが公開

以前、下記の記事で紹介したStefan NaumannさんのベアメタルRPi向けMicroPythonが公開されました。

Raspberry PiベアメタルでMicroPythonの調査: 楽しくやろう。

プルリクエストがこちらに出ています。
サポートされているハードウェアはRaspberry Pi Zeroのみで、おそらく初代Raspberry Piでも動作するだろうとのことです。RPi Zero Wは試してみましたが動作しませんでした動作しました。

Bare-Metal Raspberry Pi port by naums ・ Pull Request #3522 ・ micropython/micropython

マージされるまでは、下記にリポジトリの形でも公開されているそうです。

naums/micropython: MicroPython - a lean and efficient Python implementation for microcontrollers and constrained systems

学生さんのプロジェクト?であるらしく、期末レポートがこちらで公開されています。

Term Paper: Porting Micropython to bare-metal Raspberry Pi – Stefan Naumann

とりあえずビルドして、先日購入したRaspberry Pi Zeroで動かしてみました。
REPLが実装されておらず、mainの中で渡された文字列を実行して終わりなので、現時点ではIchigo Jamのように単体でプログラミングすることはできません。
ハードウェアはUARTとGPIOがサポートされており、Lチカはできるようです。

rpi-zero-serial.jpg


ちなみにRaspberry Pi Zeroにはまだピンヘッダを付けていなかったので、スルホール用テストワイヤを使いました。
バネが弱いので、沢山接続するにはあまり向かないと思いますが、このようにちょっとUARTを接続するだけなら割と便利です。
ラベル:MicroPython
posted by boochow at 01:41| Comment(0) | Raspberry Pi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気記事