Raspberry Pi

MicroPythonのテストに関するメモ

前回着手したMicroPythonのテストですが、とりあえずbasicsテストがパスするようになりました。(未実装によりskipしているものもありますが) 421 tests performed (12506 individual tes...
Raspberry Pi

MicroPythonのテストスイートを使ってみた

RPiベアメタル版MicroPythonもだいぶ機能追加が進んできたので、そろそろ自動テストが欲しくなってきました。そこで、手始めにMicroPython付属のテストスイートを調べてみました。 MicroPythonのテストスクリプト...
Raspberry Pi

日本語USBキーボードからのキー入力

Raspberry Pi用MicroPythonではUSBキーボードをサポートしていますが、実はこれまでは英語キーボードしかサポートしていませんでした。 私自身は、普段US配列のキーボードしか使わないので困らないのですが、日本国内では...
Raspberry Pi

Raspberry Pi ZeroでのJTAGデバッグ

Raspberry Pi ZeroをJTAG接続デバッグするのを試したことが無かったなあと思い、やってみました。 以前Interface誌の記事を見ながらRaspberry Pi2をJTAGデバッグしてみたときは、結構苦労した記憶があ...
Raspberry Pi

Raspberry PiのMailbox Property Interfaceの実験

Raspberry PiにはARMのCPUとBroadcomのGPUが同居しており、両者はmailboxという共有メモリを使ったインタフェースで情報交換ができます。 Mailboxには複数の「チャネル」があり、それぞれ交換できる情報の...
Raspberry Pi

Raspberry Piの画面をMicroPythonのコンソールにしてみた

前回はOLEDにMicroPythonのREPLを出力しましたが、FrameBufferオブジェクトであれば同様にREPLの出力先にすることができます。 Raspberry Piの画面にフレームバッファクラスを使って絵を描くのは以...
Raspberry Pi

OLEDをMicroPythonのコンソールにしてみた

MicroPythonのosモジュールにはduptermという機能があり、これを使うとREPLで使われている標準の入出力チャネルをUART以外のデバイスへ複製することができます。 duptermのパラメータにオブジェクトを与えると、そ...
Raspberry Pi

MicroPythonで距離センサ(VL53L0X)を使う

今回もMicroPythonを使って、死蔵していたモジュールの蔵出しです。 割と最近購入して、まだ試していなかったレーザー距離センサです。 VL53L0X使用 レーザー測距センサモジュール(ToF): センサ一般 秋月電子通...
Raspberry Pi

MicroPythonで気圧センサ(MPL115A1)を使う

前の投稿に引き続いて、使わないままになっていたSPI接続の気圧センサを動かしてみました。 (前回のADCチップがまだブレッドボードに載っかっています・・・) MPL115A1というセンサーを使用したモジュールで、いろいろなところから...
Raspberry Pi

MicroPythonでADC(MCP3204)を使う

昨日試したMicroPython用のSPIクラスですが、OLEDはデータ出力しか確認できません。 手元にMCP3204というADコンバータがあったので、これでSPI経由でのデータ入力も実験してみました。 12bit 4ch AD...
Raspberry Pi

SPIクラスを追加(RPiベアメタルMicroPython)

前回の実装を元に、ベアメタルRaspberry Pi版MicroPythonにSPIクラスを追加してみました。 既存のSPIクラスのAPI I2Cのときと同様、今回も既存のSPIクラスのAPIを調べてみました。 調査対象はハード実...
Raspberry Pi

Raspberry PiベアメタルプログラミングでSPI

I2Cに続いて、SPIのベアメタルプログラミングを試してみました。 例題は、入出力を直結して自分で出力したデータを自分で読むものにしました。 この例題を動かすには、上の写真のように、19番ピン(GPIO10)と20番ピン(GPI...
Raspberry Pi

MicroPythonからI2C EEPROMを使う

先日実装したMicroPythonのI2Cでのレジスタ読み書きメソッドは、読み書きのアドレスのビット幅をaddrsizeキーワードで指定することができます。 センサなどでは8ビットのアドレス空間があれば大抵間に合うはずですが、この...
Raspberry Pi

ジェスチャセンサAPDS9960をMicroPythonで使う

以前秋月電子で購入したシャープのジェスチャセンサを、以下のThomas Liskeさんのデバイスドライバを使ってMicroPythonで動作させてみました。 結線は、SDA/SCL/GND/VDDは定番通りに、LEDには3.3V、...
Raspberry Pi

I2Cクラスにレジスタ読み書きメソッドを追加(RPiベアメタルMicroPython)

サーバの移転もどうやらうまく行ったようなので、ベアメタルRaspberry Pi版MicroPythonの続きです。 前回、I2Cのクラスを作成した際、スレーブデバイスのレジスタのアドレスを指定して読み書きする高レイヤのメソッドについ...