意外と使える?700円ロジアナ

salaelogic.jpg

下記の記事を見て、以前購入したロジアナがあったことを思い出し、使ってみました。

sigrokをUSB接続ロジアナで使う – 記憶は人なり

このロジアナですが、Aliexpressで2年半ほど前に購入したものの、封も切らずに放置していました(当時の価格$5.8)が、その後購入したAnalog Discoveryにもロジアナ機能があるため、ますます放置してしまっていました。

上記の記事のものと違って、LEDが一応あり、GNDが2つではなくCLKとGNDになっていますが、価格からして中身には大した違いは無いものと思われます。
上の写真はRaspberry Pi Zero Wと一緒に写しています。消しゴムサイズという感じの小ささです。
8ch、24MHzで測定が可能です。

Salae Logicというラベルが付いていますが、たぶんパクリ品だと思われます。
が、Salae Logic用のソフトウェアでも一応動作しました。

salae.jpg

上記の記事で紹介されているsigrok pulseviewというソフトでも動作しましたが、デバイスドライバがなぜか安定しない感じでした。
機能的にはどちらのソフトでも、ちょっとI2CやSPIの信号をデコードしてみたいという用途には十分そうな感じがします。

pulseview.png

上の2つのソフトは、どちらもRaspberry PiのI2C信号をデコードしているところです。
小さくて取り回しが良いので、Analog Discoveryを持っていても、これはこれで便利かなと思いました。

無線で調光できるLED電球の中身

led-light1.jpg

以前購入した、カラーをリモコンで変更できるLED電球「Mi.Light RGBW」の中身です。
RGBのLEDが4つと、白色LEDが15個搭載されています。

この手の製品ではPhilipsのhueが有名ですが、MiLightはhueよりかなり安価に入手できます。
しかし、私が入手したものはなぜか動作せず、放置していました。
3年ぶりくらいに引っ張り出してきて調べてみたら、口金が海外仕様のE27でした。
それが原因で接触不良だったのだと思われます。

それで、どうせ捨てるなら、とカバーを開けてみました。
カバーはホットボンドのようなもので固定されているだけですので、力を入れれば外れます。

led-light2.jpg

中央に2.4GHzのアンテナがあり、それ以外にチップが2つ載っています。
1つはSTMicroのロゴが見えます。パッケージはTSSOP-20です。
型番が隠されてしまっていますが、8S00という字が見えますので、8bitコントローラのSTM8S00シリーズかと思われます。調べてみたらTSSOP20の製品ラインがあるのはSTM8S003シリーズでしたので、おそらくそのあたりでしょう。
もう1つはPL1167と書かれており、こちらはSPI接続の2.4GHz無線モジュールで、割とメジャーなチップのようです。
PL1167で検索してみたら、MiLightをArduinoから制御している方もいました。

pmoscetta/authometion-milight: Arduino library for MiLight and Limitless led bulbs control using a LYT/WiFi shield or a PL1167 pcb module

Milight PL1167 control – Arduino Projects4u

PL1167でなく、nRF24シリーズやnRF51シリーズで制御している方もいるようでした。

Controlling the Mi Light from Arduino or NodeMCU

henryk/openmili: Open implementation of the Mi-Light 2.4GHz LED light control protocol

MiLightの通信プロトコルのバージョンアップ版を解析している方もいます。

Reverse engineering the new Milight/LimitlessLED 2.4 GHz Protocol | Chris Mullins

電子工作の例題として、面白いかもしれませんね。